お参り 神社 博物館・資料館 追悼・慰霊碑

【➀神社参拝《宇佐神宮》②特攻兵器の桜花《宇佐市平和資料館》令和5年2月23日(木・祝)】大分県宇佐市ツアーの参加者募集

こんにちは。

北九州で自由参加型サークルをやっている「WaSaBi」のMiyataです。

今回は、日本の八幡総本宮である「宇佐神宮」、そして人間爆弾と呼ばれた特攻兵器『桜花』の実物模型がある「宇佐市平和資料館」へ、令和5年2月23日㈭㊗天皇誕生日の日に「WaSaBi」で行くことになりましたのでお知らせします。

そしてもう一つ、宇佐(大分県)は唐揚げ専門店発祥の地?のため唐揚げをガッツリ食べる予定です!

ちょこっと説明【宇佐神宮】

宇佐神宮は全国にある八幡さまの総本宮です。

宇佐神宮

宇佐神宮といえば歴史に残る「道鏡ご神託事件」(宇佐八幡宮神託事件)が有名ですね。

天皇になりたかった僧侶「道鏡」が神託を受けたと嘘をついて天皇になろうとした事件です。

道鏡さんがもし天皇になっていたら今の日本はないでしょうね。

天皇と縁が深い宇佐神宮、天皇陛下が勅使(使者)を派遣し、祭祀を行う勅祭社でもあります。

勅祭社は全国に16社しかなく、九州では「香椎宮」と今回行く「宇佐神宮」の二社だけです。

(九州には二社もある?というべきでしょうか)

勅祭社の多くは例祭ですが、九州の「宇佐神宮」と「香椎宮」は10年に一度勅祭が行われいるそうです。

どちらの神社も次の勅祭祀は2025年の10月に実施予定だそうですよ。

ちょこっと説明【人間爆弾「桜花」】

戦時中に生み出された特攻兵器「桜花」

人間爆弾 桜花

1200キロの爆弾に木製の翼をつけた一人乗用の特攻兵器です。

人が爆弾に乗って体当たりして目標を打ち落とすことから人間爆弾と呼ばれています。

8月と11月に海の特攻兵器である人間魚雷「回天」を山口県大津島に見に行きました。

回天記念館へ8月回天記念館へ11月

その空バージョンが「桜花」です。

特攻と聞くと「永遠の0」のような特攻機が敵陣に突っ込んでいく!!

というイメージがあるかと思います。

あの特攻は機体に爆弾を積み、その機体ごと目標に突っ込んでいく戦法です。

「桜花」は爆弾のため、空が飛べず、目標地までは母機となる機体により運ばれます。

そして射程距離に入ると母機から切り離され、操縦者が目標めがけ舵を取り突っ込みます。

「永遠の0」で描かれた零戦(神雷部隊)は、もともとこの桜花の護衛部隊として飛んでいたそうです。

その後、戦局が厳しくなり、最後には零戦も機体に500キロの爆弾を積んで特攻攻撃をしていくことになりました。

宇佐市平和資料館には「桜花」および「零戦」の実物大模型が展示されているそうです。

旅のしおり(予定)

07:45
馬九↗(㈲みどり不動産↗)の駐車場に集合
北九州市八幡西区陣原4-9-29↗

08:00
出発

10:00
宇佐神宮駐車場↗到着
宇佐神宮HP↗参拝
大分県宇佐市南宇佐2859

10:15
宇佐神宮は広いのでお腹を満たしてから参拝。
からあげ専門店
「かえで 神宮前店」
宇佐市南宇佐2180-3↗

12:30
昼食
どこで食べるかはまだ決めておりません。

14:00
宇佐市平和資料館に向けて出発

14:20
宇佐市平和資料館(宇佐市HP)
宇佐市大字閤440番地の5

15:30
からあげ「太閤」
宇佐市閤492-3

17:30
馬九(㈲みどり不動産)の駐車場で解散

費用について

【割り勘費用】
※実際にかかった費用を清算しますので下記料金は目安です。

有料道路代=¥5,220
・ETCなら=¥3,880

ガソリン代=¥3,200
・全走行距離=200㎞
・ガソリン価格=¥160
・燃費=10㎞/ℓ

レンタカー代=¥不明

宇佐神宮の駐車場=¥400

宇佐市平和資料館の入館料=¥無料
宇佐市平和資料館の駐車料=¥電話で確認!

上記合計料金÷参加人数(割勘ポイント)で清算

割勘ポイントについては、
・大人=5ポイント
・中高生=3ポイント
・小学生=2ポイント
・未就学児=1ポイント
で計算します。
例:大人4人・小学生2人で¥24,000かかった場合
・大人4人×5P=20P
・小学生2人×2P=4P
・20P+4P=合計24P
・¥24,000÷24P=¥1,000(1P)
よって、
大人1人=¥1,000×5P=¥5,000
小学生1人=¥1,000×2P=¥2,000
が清算金となります。


【その他実費料金】

飲食代・お守り・お賽銭代など


以上が宇佐神宮と特攻兵器の桜花のツアー概要です。

参加お待ちしてます!

    -お参り, 神社, 博物館・資料館, 追悼・慰霊碑